本当に治るのかな?

自分の担当している患者さんで、入院時足に水虫があると情報にあり、お風呂介助時に観察を行ったところなんと、爪にも水虫が感染していました。爪は盛り上がり白くひび割れており、患者さんも痛痒いと訴えがありました。Drへ相談したところ、液体の爪水虫用の薬があるとのことで処方箋を切り薬液を購入しました。毎日、1回ですが足浴を行い足を全体的に綺麗にしたところで、爪の根元へクリアネイルショットを惜しみなく塗布します。このクリアネイルショットは塗り薬系の爪水虫の治療薬で肝臓にも安心なものです。

しかし、1週間経っても爪に変化はみられずでした。3週間経って少しずつ変化があり根元の盛り上がっていた爪が2ミリくらいですが綺麗に伸びているではありませんか、継続は力なりですが爪水虫は感染すればなかなか治らないようです。しかし、清潔を保ちクリアネイルショットを付け続ける事で確実に治癒にむかいます。

爪水虫は基本的に爪の根元に感染するので、クリアネイルショットのような治療薬は基本的に根元につけるのが得策です。治療中にクリアネイルショットを使用して行くのですが、問題点が1つあります。それは、治療薬が手の爪などに付着しないようにしなければなりません。

治療薬の先端は柔らかく、塗布しやすい形状になっておりますので、水虫菌が付いています。菌のついた部分を他の体の部位に付着すれば菌がそこについて、ついた部分が感染しますので、クリアネイルショットなどの治療薬を付ける際には、注意が必要になります。使用した患者さんからは他の部分が痒いなどの訴えが数件ありました指導も行うのですが、塗布は個人で行いますので使用方法を必ず守ってください。