やっぱり恥ずかしい

私が、爪水虫薬のことを初めて知ったのは5年ほど前です。それまでは、爪水虫なんていうものがあることすら知りませんでした。水虫といえばおじさんの足にできるものというイメージでしたので。そんな私が爪水虫を知るきっかけとなったのはジェルネイルをオフした際に久々に見た爪の異変に気がついたことからです。

なんだか爪の大部分が白っぽくなって明らかに爪が普通ではなかったのです。その日のネイルは中止にし、ネットでいろいろ調べていくうちにもしかして爪水虫なのではないかと・・・。そして、自分ではどうしようもないので試しにクリアネイルショットという爪水虫治療薬を購入してみました。それからはしばらくクリアネイルショットのお世話になることに。毎日ぬるのは正直面倒でしたがきれいな爪に戻りたい一心でした。その結果、クリアネイルショットの効果で爪が生えかわる頃には元のきれいな爪に戻ることができました。ありがとう爪水虫薬さん。

爪水虫は、一度かかってしまうと残念なことにそのまま放置していても治りません。手元は人の目によくふれるため、爪が汚いと印象が悪くなりそうで心配です。ネイルだって出来ないし、せっかくの指輪も台無しです。ですから、爪水虫になってしまったら決して放置はせずに爪水虫薬のお世話になることが大事になってきます。爪水虫薬は、皮膚科に行けば処方してもらえます。一番良いのはお医者さんに一度診察をうけること。

けれど、いくら病院とはいえ爪水虫薬の処方を受けるのはちょっと恥ずかしい。出来ることならば、病院に行かずに手に入れたい。経験者の私はそう思っていたところ、通販で買えるクリアネイルショットが爪水虫に効くみたいです。これなら、病院で恥ずかしい思いをすることがないので嬉しいです。もし、爪水虫になってしまった時はまたクリアネイルショットを使います。