こんなにも女の子が登録してる

彼女と別れた後で、人肌が恋しかった時期だったので初めて出会い系サイトを利用してみました。特定の存在を作りたかったのではなく、淋しさを紛らわせたいだけの関係を求めての利用でした。書き込みもそういった内容のものが多かったので、お互いのニーズに合っているなと思い気軽に利用をしたりして普段の心の隙間を埋めて満足していました。

ナンパはしたことがなかったので、こういったサイトは便利で、お互い当たり障りのない距離感で接することもできるしニーズも互いに満たすことができて一時期ははまってしまい週末になると相手を探して夜な夜な遊んで回るといった時期がありました。何人かと関係を持つこともあったりと今思えば若気の至りであったかと思います。

以前の出会い系サイトは会うまでは顔も分からず、素性もメールだけではほぼ分からいに等しい者同士がいきなり会うという状況だったので事件などが頻発し大変危険なサイトであるという認識でした。

また、ティーンエージャーなど未成年も気軽に利用ができたので、それを食い物にする大人たちもたくさんいたが、それに対する対処の方法も当時は無いに等しい状態であったので、出会い系=悪いこと(当然、自分自身はそういった犯罪には手を染めていない)のイメージが強く、サイトを利用していることは周りの人達には秘密にしていました。

最近はPCMAXなど大分おかしな話は聞かなくなりましたが、自分が親になって自分の子供に携帯を持たせる時がきても、出会い系サイトの利用だけは絶対利用させたくなと思っています。
それでも中には純粋に出会いの場として活用している人もいます。サイト側でも安全に使えるよう、何かあったら助けられるような仕組みを取り入れていくと、もっと気軽に多くの人が使えるのかもしれないと思います。